お問い合わせについて

平日 08:50〜16:50
お電話でのお問い合わせ
大代092-871-6631
時間外092-871-6670
内線3211,3212
メールでお問い合わせ

教育研究

学生実習

 学部学⽣の放射線教育の⼀環として、前期に薬学部学⽣に対する「実務実習事前教育 -放射性医薬品-」、後期に理学部学⽣に対する「放射化学実験」を実施している。
 「実務実習事前教育-放射性医薬品-」では、放射線に関する管理測定技術、オートラジオグラフィーによる薬物の体内分布、液体シンチレーションカウンター法(燃焼酸化法)による薬物の血中動態、放射性医薬品の調製と診断技術などの項⽬が実施されている。
 「放射化学実験」では、放射線に関する管理測定技術、半減期の測定、メスバウアースペクトルの測定、DNAの放射標識とイメージングアナライザーを⽤いた定量などの項⽬が実施されている。

RIセンター実験施設を
利用した研究業績

  1. 川井妙子, 山川博文, 川田 知, 加留部善晴

    福岡大学RIセンター実験施設におけるラドン濃度測定に関する研究
     福岡大学理学集報, 50/2, p92-100 2020年

  2. 川井妙子, 山川博文, 川田 知, 加留部善晴

    年次大会ポスター発表紹介:優秀ポスター賞:福岡大学RIセンター実験施設におけるラドン濃度測定に関する研究2
     Isotope News 768 p82 – 83 2020年

  3. 川井妙子, 塩井誠次郎, 加留部善晴

    市販茶葉に含まれる放射能の危険性について
     Electron Science Institute NEWS 32(1) p1 - 4 2014年

  4. 塩井誠次郎, 川井妙子, 加留部善晴

    年次大会ポスター発表紹介:優秀ポスター賞:137Csの茶葉への転流について
     Isotope News 720 p107 - 109 2014年

  5. 川井妙子, 塩井誠次郎, 加留部善晴

    年次大会ポスター発表紹介:最優秀ポスター賞:茶葉に含まれる放射能について
     Isotope News 706 p66 - 68 2013年

  1. 川井妙子, 山川博文, 川田 知, 加留部善晴

    福岡大学RIセンター実験施設におけるラドン濃度測定に関する研究2
     令和元年度 放射線安全取扱部会年次大会 2019年10月

  2. 川井妙子, 山川博文, 川田 知, 加留部善晴

    福岡大学RIセンター実験施設におけるラドン濃度測定に関する研究
     平成30年度 放射線安全取扱部会年次大会 2018年10月

  3. 山川博文, 後藤将太朗, 寺田一樹, 松永和久, 髙田二郎, 加留部善晴

    原発事故により発生する放射性ストロンチウムに関する調査研究
     平成29年度 放射線安全取扱部会年次大会 2017年10月

  4. 塩井誠次郎, 川井妙子, 加留部善晴

    Cs-137の茶葉への転流について
     平成25年度 放射線安全取扱部会年次大会 2013年11月

  5. 川井妙子, 塩井誠次郎, 加留部善晴

    茶葉に含まれる放射能について
     平成24年度 放射線安全取扱部会年次大会 2012年11月

  6. 塩井誠次郎, 川井妙子, 加留部善晴

    福島第一原発事故後の環境放射能に関する地域社会に向けた取り組み
     平成23年度 放射線安全取扱部会年次大会 2011年11月

  7. 塩井誠次郎, 川井妙⼦, 松永和久,加留部善晴

    RIの安全管理の徹底
     平成19年度 放射線安全取扱部会年次大会 2007年10月

  1. Narumi Shioi, Takashi Tadokoro, Seijiro Shioi, Yaopeng Hu, Hai Li, Yuki Okabe, Haruki Matsubara, Shunsuke Kita, Toyoyuki Ose, Kimiko Kuroki, Katsumi Maenaka*, Shigeyuki Terada.

    Crystal structure of complex between venom toxin and serum inhibitor from viperidae snake.
     The Journal of Biological Chemistry, 294(4), 1250–1256, 2019.

  2. Narumi Shioi.

    Adaptation and diversification of venomous snake proteins.
     The Nucleus, 62 (2), 165-172, 2019

  3. Takashi Tadokoro, Cassandra M. Modahl, Katsumi Maenaka and Narumi Aoki-Shioi.

    Cysteine-Rich Secretory Proteins (CRISPs) from Venomous Snakes: An Overview of the Functional Diversity in a Large and Underappreciated Superfamily.
     Toxins, 12, 175, 2020

  4. Jinjun Wu , Nadine L Samara, Isao Kuraoka, Wei Yang.

    Evolution of Inosine-Specific Endonuclease V from Bacterial DNase to Eukaryotic RNase, Molecular Cell.
     76(1) 44-56 2019.

  5. Sofia J. Araújo,Isao Kuraoka.

    Nucleotide excision repair genes shaping embryonic development.
     Open Biology 2019.

  6. Haruka Tsuruta,Yuina Sonohara,Kosuke Tohashi,Narumi Aoki Shioi,Shigenori Iwai,Isao Kuraoka.

    Effects of acetaldehyde-induced DNA lesions on DNA metabolism Genes and Environment.
     42, 2, 2020.

  1. Narumi Aoki-Shioi and Cassandra M. Modah.

    Snakebite Therapeutics Based on Endogenous Inhibitors from Vipers, IntechOpen
     prat of the book “Medical Toxicology” Open Accesses book, doi:10.5772/intechopen.90625, 2019.

[国際学会発表]

  1. Shota Ueda and Isao Kuraoka.

    Functional analysis of Endonuclease/exonuclease/phosphatase family domain containing 1.
     16th International Congress of Radiation Research, 2019. 08.

  2. Ayaka Ogura, Yoshifumi Zaitsu, Riku Tsutsumi, Isao Kuraoka, R Manjunatha Kini, Narumi Aoki-Shioi*.

    Developing towards anti-venom drugs by endogenous inhibitor against the metalloproteinase induced hemorrhage; rational design of drug and therapeutic potential for snakebite,
     20th World Congress of the International Society on Toxinology, Argentina, 2019. 09.

  3. Narumi Aoki-Shioi, Isao Kuraoka.

    Accelerated evolution of snake toxin genes; accumulated gene mutation in exons,
     the 19th All India Congress of Genetics and Genomics at IICB, India, 2019. 11.

[国内学会発表]

  1. 塩井(青木)成留実

    有毒生物が備える自己の毒耐性システムの解明
     2019年度日本生化学会九州支部例会(長崎)2019年06月

  2. 堤陸、塩井成留実、倉岡功

    毒ヘビがもつ毒素阻害分子の同定とその応用
     2019年度日本生化学会九州支部例会(長崎)2019年06月

  3. 松原 一樹、倉岡功

    T7endonucleaseⅠは紫外線DNA損傷を切断する
     2019年度日本生化学会九州支部例会(長崎)2019年06月

  4. 財津佳史、塩井成留実、倉岡功

    ヘビ毒核酸分解酵素の基質特異性
     2019年度日本生化学会九州支部例会(長崎)2019年06月

  5. 上田翔大、倉岡功

    新規ヒト修復タンパク質EEPD1の機能解析
     2019年度日本生化学会九州支部例会(長崎)2019年06月

  6. 財津 佳史、塩井 成留実、倉岡 功

    ヘビ毒ホスホジエステラーゼの基質DNA配列の優先性
     第6回アジア環境変異原学会・日本環境変異原学会第48回大会合同大会、2019年11月

  7. 堤陸、四ケ所亮輔、小倉彩香、倉岡 功、塩井 成留実

    アセトアルデヒドによるヒストンテールへの影響
     第6回アジア環境変異原学会・日本環境変異原学会第48回大会合同大会、2019年11月

  8. Shota Ueda, Isao Kuraoka.

    Funcitional analysis of Endonuclease/exonuclease/phosphatase family domain containing 1 protein
     第6回アジア環境変異原学会・日本環境変異原学会第48回大会合同大会、2019年11月

  9. Mayu Kawasaki, Isao Kuraoka.

    Inosine-specific ribonuclease activity of human endonuclease V isoforms
     第6回アジア環境変異原学会・日本環境変異原学会第48回大会合同大会、2019年11月

  10. Kazuki Matusubara, Isao Kuraoka.

    T7 endonuclease 1 cleaves UV-induced DNA lesion,
     第6回アジア環境変異原学会・日本環境変異原学会第48回大会合同大会、2019年11月

[国際シンポジウム]

  1. Narumi Aoki-shioi

    Regulation system of snake toxin proteins.
     The 1st NUS-FU-KU Joint Symposium on Biochemistry in FUKUOKA,2019.11.

  1. Ryuta Ishikawa, Takeshi Noda, Shuya Ueno, Takashi Okubo, Hirofumi Yamakawa, Kenichi Sakamoto, Satoshi Kawata.

    Spin Crossover in Bipyridine Derivative Bridged One-Dimensional Iron(III) Coordination Polymer,
     Magnetochemistry, 2020 to be submitted.

  2. Ryuta Ishikawa, Shuya Ueno, Shoei Nifuku, Yoji Horii, Hiroaki Iguchi, Yuji Miyazaki, Motohiro Nakano, Shinya Hayami, Shohei Kumagai, Keiichi Katoh, Zhao-Yang Li, Masahiro Yamashita, Satoshi Kawata.

    Simultaneous spin-crossover transition and conductivity switching in a dinuclear iron(II) coordination compound based on 7,7′,8,8′-tetracyano-p-quinodimethane,
     Chemistry A European Journal (Wiley-VCH), 26(6), 1278–1285, 2020.

  1. 稲永 彩香, 石川 立太, 川田 知.

    Pyrazolate誘導体を配位子とする螺旋状五核クラスター錯体の合成と性質
     九州錯体化学懇談会50周年記念シンポジウム, 2019年11月.

  2. 坂本 賢一, 石川 立太, 川田 知.

    様々なピリジル誘導体をもつFe(III)シッフ塩基型錯体のスピンクロスオーバー挙動
     九州錯体化学懇談会50周年記念シンポジウム, 2019年11月.

  3. 植松 尊, 石川 立太, 川田 知.

    五核ヘリケート状金属錯体の磁気的性質, 九州錯体化学懇談会50周年記念シンポジウム
     2019年11月.

  4. 坂本 賢一, 石川 立太, 山川 博文, 川田 知.

    様々なピリジル誘導体を有するFe(III) スピンクロスオーバー錯体の合成と磁気的性質
     錯体化学会第69回討論会 2019年9月.

  5. 稲永 彩香, 石川 立太, 川田 知.

    Pyrazolate誘導体を配位子とする螺旋状五核クラスター錯体の合成と性質
     第56回化学関連支部合同九州大会 2019年7月.

  6. 坂本 賢一, 石川 立太, 山川 博文, 川田 知.

    様々なピリジル誘導体をもつFe(Ⅲ)シッフ塩基型錯体のスピンクロスオーバー挙動
     第56回化学関連支部合同九州大会 2019年7月.

  7. Takeshi Noda, Ryuta Ishikawa, Satoshi Kawata.

    Spin crossover in polymeric iron(III) complexes with Schiff-base ligands,
     International Conference on Coordination Chemistry 2018 (ICCC 2018), 2018, August.

  8. 堀井 洋司, 宮崎 裕司, 石川 立太, 川田 知, 中野 元裕.

    伝導性スピンクロスオーバー錯体[Fe2(bpypz)2(TCNQ)2]TCNQ)2の比熱容量測定
     第54回熱測定討論会, 2018年10月.

  9. 石川 立太, 川田 知.

    TCNQ架橋鉄二価二核スピンクロスオーバー配位高分子の磁気・電導特性
     第53回熱測定討論会, 2017年11月.

  10. Ryuta Ishikawa.

    Electrical conductivity and magnetism of [{M(bpypz)}2]–TCNQ coordination polymers,
     Post-ICMM Symposium: State of the Art in Bistable Magnetic Molecules, 2016, September.

  11. 上野 隼也, 石川 立太, 川田 知.

    TCNQ誘導体架橋平面型二核錯体の合成と性質
     第52回化学関連支部合同九州大会, 2015年6月.

  12. 荷福 壮英, 石川 立太, 川田 知.

    TCNQ架橋による一次元ラダー型二核錯体の磁気・伝導特性
     日本化学会第95春季年会, 2015年3月.

  1. Watanabe K., Kashige N., Kojima M. and Nakashima Y.

    Specificity of Nucleotide Sequence in DNA Cleavage Induced by D-Glucosamine and D-Glucosamine-6-phosphate in the Presence of Cu2+. Agric. Biolo. Chem.,
     54 (2), 519-525(1990)

  2. Nakashima Y., Ikeda H., Kakita Y., Miake F. and Watanabe K.

    Restriction map of the genomic DNA of Lactobacillus casei bacteriophage PL-1 and nucleotide sequence of its cohesive single-stranded ends.
     Journal of General Virology, 75 (9), 2537-2541(1994)

  1. 鹿志毛信広

    アミノ糖類によるDNA鎖の切断.
     福岡大学薬学紀要(総説),19,54-71(1994)

  1. Nishijo N, Tsuji Y, Matsunaga K, Kutsukake M, Okazaki F, Fukumori S, Kasai H, Hiraki Y, Sakamaki I, Yamamoto Y, Karube Y, To H.

    Mechanism Underlying Linezolid-induced Thrombocytopenia in a Chronic Kidney Failure Mouse Model.
     J Pharmacol Pharmacother. ;8(1):8‐13 ,2017.

  2. Haruta-Ono Y, Setoguchi S, Ueno HM, Higurashi S, Ueda N, Kato K, Saito T, Matsunaga K, Takata J.

    Orally administered sphingomyelin in bovine milk is incorporated into skin sphingolipids and is involved in the water-holding capacity of hairless mice.
     J Dermatol Sci. ;68(1):56‐62, 2012.

  3. Matsunaga K, Hara K, Imamura T, Fujioka T, Takata J, Karube Y.

    Technetium labeling of dextran incorporating cysteamine as a ligand.
     Nucl Med Biol. ;32(3):279‐285, 2005.

  4. Yamaguchi T, Nomura H, Matsunaga K, Ito S, Takata J, Karube Y.

    The behavior of dihydropyrazine with DNA strand-breakage activity in vivo.
     Biol Pharm Bull. ;26(11):1523‐1527, 2003.

  5. Karube Y, Katsuno K, Ito S, Matsunaga K, Takata J, Kuroki M, Murakami M, Matsuoka Y.

    Tumor scintigraphy by the method for subtracting the initial image with technetium-99m labeled antibody.
     Ann Nucl Med. ;13(6):407‐413, 1999.

  6. Karube Y, Iwamoto K, Takata J.

    Technetium-99m complex of N-(2-pyridylmethyl) iminodiacetic acid as a new renal radiopharmaceutical.
     Ann Nucl Med. ;13(2):127‐132, 1999.

  7. Takata J, Karube Y, Hanada M, Matsunaga K, Iwasaki H.

    Prodrug for bioreductive activation-independent delivery of menahydroquinone-4: human liver enzymatic activation and its action in warfarin-poisoned human liver.
     Biol Pharm Bull. ;22(2):172‐178, 1999.

  8. Karube Y, Ito S, Katsuno K, Takata J.

    In vitro properties and in vivo behavior of technetium-99m labeled fibrinogens.
     Ann Nucl Med. ;10(1):63‐69, 1996.

  9. Haruno M, Kuroki M, Matsunaga K, J Takata, Y Karube, T Senba, M Murakami, F Arakawa, M Kuwahara, H Ozaki, Y Matsuoka, M Okazaki, H Kanda.

    Tumor-specific accumulation of 125I-labeled mouse-human chimeric anti-CEA antibody in a xenografted human cancer model demonstrated by whole-body autoradiography and immunostaining.
     Nucl Med Biol.;23(6):821‐826, 1996.

  10. Karube Y, Katsuno K, Takata J, K Matsunaga, M Haruno, M Kuroki, F Arakawa, Y Matsuoka, H Kanda.

    Radioimmunoscintigraphy using technetium-99m-labeled parental mouse and mouse-human chimeric antibodies to carcinoembryonic antigen in athymic nude mice bearing tumor.
     Nucl Med Biol.;23(6):753‐759, 1996.

  11. Takata J, Karube Y, Hanada M, Matsunaga K, Matsushima Y.

    Bioreductive activation-independent delivery of menahydroquinone-4 via prodrug and its action in warfarin-poisoned rat liver.
     Pharm. Sci. ;2(12): 571‐576, 1996.

  12. Karube Y, Iwamoto K, Takata J.

    Cationic technetium-99m complexes of N-substituted pyridoxal derivatives as renal function agents.
     J Nucl Med. ;35(10):1691‐1697, 1994.

  13. Karube Y, Iwamoto K, Miura J, Takata J, Matsushima Y.

    Radioactive metal complexes with affinity for tumors. II. Biodistribution of radioactivity in cellular and subcellular fractions of tumor tissues.
     Chem Pharm Bull (Tokyo).;37(7):1874‐1876, 1989.

  1. 加留部善晴,後藤将太朗,瀬戸口修一,髙田二郎,寺田一樹,松永和久,山川博文,渡瀬大輔

    放射線・放射性物質の薬学利用―放射線の基礎科学と臨床応用―
     株式会社廣川鉄男事務所、平成30年2月

  2. 長田(赤穂)菜美,加留部善晴,楠田真理子,瀬戸口修一,髙田二郎,寺田一樹,松永和久,渡瀬大輔

    薬学における放射線・放射性物質の利用 4版
     京都廣川書店、平成28年3月

  3. 長田(赤穂)菜美,加留部善晴,楠田真理子,塩井誠次郎,瀬戸口修一,髙田二郎,寺田一樹,松永和久,渡瀬大輔

    薬学における放射線・放射性物質の利用 3版
     京都廣川書店、平成24年2月

  4. 長田(赤穂)菜美,加留部善晴,楠田真理子,塩井誠次郎,高田二郎,松永和久,渡瀬大輔

    薬学における放射線・放射性物質の利用 2版
     京都廣川書店、平成22年1月

  5. 赤穂菜美,加留部善晴,楠田真理子,児玉耕太,塩井誠次郎,高田二郎,松永和久

    薬学における放射線・放射性物質の利用 初版
     京都廣川書店、平成21年2月

  6. 赤穂菜美,加留部善晴,楠田真理子,久保陽平,高田二郎,福井亨昌,松永和久

    薬学生のための放射線・放射性物質
     廣川書店、平成19年12月

  1. 渡瀬大輔,寺田一樹,西尾公志,瀬戸口修一,彌生知里,楠田真理子,長田(赤穂)菜美,松永和久,高田二郎,加留部善晴

    マウスにおける骨髄抑制状態の定量的検出法の確立
     医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム(福岡)、平成24年7月

  2. 寺田一樹,黒髪侑希,荒牧美和子,長田(赤穂)菜美,楠田真理子,渡瀬大輔,瀬戸口修一,松永和久、高田二郎,加留部善晴

    骨髄抑制モデルマウスによる骨髄抑制軽減物質の探索
     第28回日本薬学会九州支部大会 (福岡)、平成23年12月

  3. 加留部善晴,寺田一樹,黒髪侑希,荒牧美和子,長田(赤穂)菜美,楠田真理子,渡瀬大輔,瀬戸口修一,松永和久,髙田二郎

    骨髄抑制軽減物質の探索
     日本薬学会第131年会(静岡)、平成23年3月

  4. 松永和久,瀬戸口修一,上野宏,加藤健,加留部善晴,髙田二郎

    経口投与した3H標識スフィンゴミエリンの体内動態に関する検討
     日本薬学会第131年会(静岡)、平成23年3月

  5. 塩井誠次郎,川井妙子,松原治郎,松永和久,加留部善晴

    RIの安全管理の徹底
     平成19年度主任者部会年次大会(第48回放射線管理研修会)(札幌)、平成19年10月

  6. 松原美紗,松永和久,高田二郎,加留部善晴

    活性型ビタミンK誘導体の非還元的活性化薬物送達法による肝細胞癌の増殖抑制
     日本薬学会第125年会 (東京)、平成17年3月

  7. 松永和久,福井亨昌,山崎暁彦,高田二郎,加留部善晴

    多糖類の化学的修飾によるリンパ節画像診断薬の開発
     日本薬学会第124年会 (大阪)、平成16年3月

  8. 今村健,松永和久,原一倫,高田二郎,加留部善晴

    Tc-99m標識強心配糖体の設計と評価
     日本薬学会第122年会 (千葉)、平成14年3月

  9. 松永和久,今村健,原一倫,高田二郎,加留部善晴

    Tc-99m標識ヘパリンナトリウムの設計と評価
     日本薬学会第122年会 (千葉)、平成14年3月

  10. 松永和久,山口忠敏,高田二郎,伊藤茂,加留部善晴

    ジヒドロピラジン誘導体の体内分布
     日本薬学会第121年会 (札幌)、平成13年3月

  11. 原一倫,松永和久,高田二郎,加留部善晴

    Tc-99m標識多糖類の設計と評価
     日本薬学会第121年会 (札幌)、平成13年3月

  12. 原一倫,松永和久,高田二郎,加留部善晴

    Tc-99m標識多糖類の設計
     第17回日本薬学会九州支部大会 (福岡大学)、平成12年12月

  13. 松永和久,加留部善晴,高田二郎,日高亮司

    Tc-99mヒドロキシエチルイミノジ酢酸錯体の癌イメージング
     第10回金属の関与する生体関連反応シンポジウム (東京大学)、平成12年5月

  14. 松永和久,加留部善晴,高田二郎,日高亮司

    Tc-99m標識biotin化合物の調製
     日本薬学会第120年会 (岐阜)、平成12年3月

  15. 松永和久,加留部善晴,高田二郎,日高亮司

    ヒドロキシエチルイミノジ酢酸のTc-99m錯体の癌親和性
     第16回日本薬学会九州支部大会 (長崎大学)、平成11年12月

  16. 加留部善晴,松永和久,高田二郎,日高亮司

    Tc-99m標識トランスフェリンの体内動態
     第16回日本薬学会九州支部大会 (長崎大学)、平成11年12月

  1. Shinya Dohgu, Noriko Sumi, Tsuyoshi Nishioku, Fuyuko Takata, Takuya Watanabe, Mikihiko Naito, Hideki Shuto, Atsushi Yamauchi, Yasufumi Kataoka.

    Cyclosporin A Induces Hyperpermeability of the Blood-Brain Barrier by Inhibiting Autocrine Adrenomedullin-Mediated Up-Regulation of Endothelial Barrier Function.
     Eur J Pharmacol. 644(1-3):5-9. 2010

  2. Yamauchi A, Dohgu S, Takata F, Watanabe T, Nishioku T, Matsumoto J, Ohkubo Y, Shuto H, Kataoka Y.

    Partial hepatectomy aggravates cyclosporin A-induced neurotoxicity by lowering the function of the blood-brain barrier in mice.
     Life Sci. 88(11-12):529-34. 2011.

  3. Takata F, Dohgu S, Yamauchi A, Matsumoto J, Machida T, Fujishita K, Shibata K, Shinozaki Y, Sato K, Kataoka Y, Koizumi S.

    In vitro blood-brain barrier models using brain capillary endothelial cells isolated from neonatal and adult rats retain age-related barrier properties.
     PLoS One. 8(1):e55166. 2013.

  4. Machida T, Takata F, Matsumoto J, Miyamura T, Hirata R, Kimura I, Kataoka Y, Dohgu S, Yamauchi A.

    Contribution of thrombin-reactive brain pericytes to blood-brain barrier dysfunction in an in vivo mouse model of obesity-associated diabetes and an in vitro rat model.
     PLoS One. 2017 12(5):e0177447. 2017.

  1. 髙田芙友子

    乳幼児と成人期の血液脳関門in vitroモデル,
      第14回応用薬理シンポジウム, 平成24年9月

  2. 町田崇、道具伸也、髙田芙友子、松本純一、平田亮介、宮村知幸、山内淳史、片岡泰文

    肥満・耐糖能異常マウスのBBB透過性亢進におけるトロンビン反応性脳ペリサイトの役割,
     第3回日本くすりと糖尿病学会学術集会, 平成26年11月

  3. 町田崇、道具伸也、高田芙友子、松本純一、平田亮介、宮村知幸、山内淳史、片岡泰文

    糖尿病によるBBB機能不全におけるトロンビン反応性脳ペリサイトの役割,
     第88回日本薬理学会, 平成27年3月

  4. 高田芙友子、町田崇、松本純一、道具伸也、山内淳史、片岡泰文

    肥満・糖尿病モデルマウスにおけるトロンビン応答性脳ペリサイトによる血液脳関門異常の誘発,
     第17回応用薬理シンポジウム, 平成27年9月

  5. Takata F, Dohgu S, Machida T, Matsumoto J, Kimura I, Yamauchi A, Kataoka Y.

    An interaction between thrombin and pericytes mediates the blood-brain barrier dysfunction in obesity-associated diabetes.
     12th International Conference on Cerebral Vascular Biology (Melbourne Australia). 平成29年11月

  6. Kenta Sakai, Fuyuko Takata, Takuro Iwao, Shinya Dohgu, Yasufumi Kataoka

    Brain pericytes upregulate glutamate uptake in astrocytes in vitro
     2nd Mini-Symposium on The Blood-Brain Barrier from Basic to Clinical Research, 令和2年3月

  7. 岩尾 卓朗、髙田 芙友子、松本 純一、片岡 泰文、道具 伸也

    加齢により血液脳関門(BBB)を介したドコサヘキサエン酸の脳移行は減少する
     第73回日本薬理学会西南部会, 令和2年11月

  8. Takuro Iwao, Fuyuko Takata, Junichi Matsumoto, Yasufumi Kataoka, Shinya Dohgu.

    Transport of docosahexaenoic acid across the blood–brain barrier is decreased in aged mice.
     第94回日本薬理学会年会, 令和3年3月

  9. Fuyuko Takata, Kenta Sakai, Takuro Iwao, Junichi Matsumoto, Yasufumi Kataoka, Atsushi Yamauchi, Shinya Dohgu.

    Brain pericytes increase sodium-dependent glutamate uptake in astrocytes.
     第94回日本薬理学会年会, 令和3年3月

  10. Fuyuko Takata, Kenta Sakai, Takuro Iwao, Atsushi Yamauchi, Yasufumi Kataoka, Shinya Dohgu.

    Enhanced glutamate uptake in the astrocytes cocultured with brain pericytes.
     3rd Mini-Symposium on the Blood-Brain Barrier from Basic to Clinical Research, 令和3年3月

  11. 岩尾 卓朗、髙田 芙友子、道具 伸也

    加齢によるMfsd2aの機能低下によりドコサヘキサエン酸の脳移行量は減少する
     日本薬学会第141年会, 令和3年3月

  1. Ohe, K., Miyajima S, Tanaka T, Hamaguchi Y, Harada Y, Horita Y, Beppu Y, Ito F, Yamasaki T, Terai H, Mori M, Murata Y, Abe I, Tanabe M, Ashida K, Kobayashi K, Enjoji M, Nomiyama T, Yanase T, Harada N, Utsumi T, Mayeda A.

    HMGA1a induces alternative splicing of the Estrogen Receptor-alpha gene by trapping U1 snRNP to an upstream pseudo-5’splice site.
     Frontiers in Molecular Biosciences 5:1-8, 2018.

  2. Ohe K, Yoshida M, Nakano-Kobayashi A, Hosokawa M, Sako Y, Sakuma M, Okuno Y, Usui T, Ninomiya K, Nojima T, Kataoka N, Hagiwara M.

    RBM24 promotes U1 snRNP recognition of the mutated 5’ splice site in the IKBKAP gene of familial dysautonomia.
     RNA 23:1393-1403, 2017.

  1. Yoshihiro Harada, Kenji Ohe.

    High-mobility group A1 proteins may be involved in estrogen receptor status of breast cancer.
     Transl Cancer Res 9(6):3784-3786 (2020)

  2. 田中智子、大江賢治.

    ヒト副腎皮質に発現しているIREタイプの新規環状RNAの発見
     Medical Science Digest(ニューサイエンス社)47(2):51-52, 2021

  1. 大江賢治1、原田義広1、田中智子2、遠城寺宗近1、柳瀬敏彦2、1 福岡大学薬学部、2 福岡大学医学部 内分泌・糖尿病内科.

    メトホルミンの濃度により、MCF-7乳癌細胞とそのタモキシフェン抵抗性細胞株におけるエストロゲン受容体アルファ選択的スプライシング変化が異なる.
     第92回 内分泌学会学術総会 仙台国際センター 2019年5月11日(口頭発表)

  2. Kenji OHE, Tomoko TANAKA, Ichiro ABE, Kenji ASHIDA, Kunihisa KOBAYASHI. Munechika ENJOJI, Toshihiko YANASE, Toshiaki UTSUMI, Akila MAYEDA.

    From understanding the molecular mechanism of aberrant ERα pre-mRNA toward the therapeutic application in breast cancer.
     Cancer Science-2018 July 23-24.

  1. 特許

    タイトル「多色蛍光タンパク質を含む金属検出用試薬および被検液の金属検出方法,ならびに組み換えベクター,金属挙動の評価方法」
    発明者: 山口敏男・塩路幸生・加藤祐子・今原幸光
    特願番号:2020-067344
    提出先: 日本国 特許庁
    出願日: 令和2年 4月3日


  2. 報告書

    (1)タイトル 「サンゴ由来の赤色蛍光タンパク質 (Akane) を用いた生体内微量金属 バイオセンサーの研究」
       Development of octocoral Akane RFP biosensors detecting the indispensable metal ions in body
       山口敏男・吉田亨次・加藤祐子
       提出先 福岡大学 研究推進課
        「総合研究 III」 報告書  63頁
       2018年4月~2020年3月(2年間)
       提出日: 2020年 9月 30日

    (2)タイトル:「赤色蛍光タンパク質のXAFS測定」
       XAFS measurements of red fluorescence proteins
       山口敏男、加藤祐子、吉田亨次
       Toshio Yamaguchi, Yuko Kato, Koji Yoshida
       福岡大学理学部
       Faculty of Science, Fukuoka University
       提出先:九州シンクロトロン光研究センター
           県有ビームライン研究成果公報
       提出日:2020年10月3日

  1. Tohda R., Tanaka H., Mutoh R., Zhang X., Lee Y. H., Konuma T., Ikegami T., Migita C. T., Kurisu G.

    Crystal structure of higher plant heme oxygenase-1 and its mechanism of interaction with ferredoxin.
     Journal of Biological Chemistry, 296, 100217, 2021

  2. Mutoh R., Iwata K., Iida T., Ishiura M., Onai K.

    Rhythmic ATP release from the cyanobacterial circadian clock protein KaiC revealed by real-time monitoring of bioluminescence using firefly luciferase.
     Genes Cells, 26(2): 83-93, 2021.

  3. Matsuo T., Iida T., Ohmura A., Gururaj M., Kato D., Mutoh R., Ihara K., Ishiura M.

    The role of ROC75 as a daytime component of the circadian oscillator in Chlamydomonas reinhardtii.
     PLOS Genetics, 16 (6), e1008814., 2020

  4. Kondo T., Mutoh R., Tabe H., Kurisu G., Oh-Oka H., Fujiyoshi S., Matsushita M.

    Cryogenic single-molecule spectroscopy of the primary electron acceptor in the photosynthetic reaction center.
     J Phys Chem Lett., 6:3980-3986., 2020

  1. 武藤梨沙

    ATPによる生物時計の制御機構
     蛋白研セミナー:多角的な視点によるタンパク質修飾の機能解明, 2021年2月(招待講演)

  2. 武藤梨沙, 飯田高広, 三野広幸

    概日リズム発信中のKaiA-KaiB相互作用時刻の決定
     d電子スピンサイエンス学会年会SEST2020, 2020年11月

  3. Risa Mutoh, Takahiro Iida, Hiroyuki Mino

    The determination of the interacting time between KaiA and KaiB during circadian oscillation
     第58回日本生物物理学会年会, 2020年9月

  1. Feeding-produced subchronic high plasma levels of uric acid improve behavioral dysfunction in 6-hydroxydopamine-induced mouse model of Parkinson's disease Nakashima A, Yamauchi A, Matsumoto J, Dohgu S, Takata F, Koga M, Fukae J, Tsuboi Y, Kataoka Y. Behav Pharmacol. 2019 Feb;30(1):89-94.